,

みかんの花と香りにつつまれる旅

春のみかん農園で花と香に包まれる特別な体験をお届けします。絶景ロケーションの農園を園主のお父さんの案内で散策したあとは、青空の下ランチを楽しみます。2種類あるワークショップでは、松本農園で採取した7種の柑橘で抽出したエッセンシャルオイルを調合して爽やかな柑橘系のオリジナルブレンドのオードトワレづくりにも挑戦します。

みなさまは、みかんの花と聞いてどのようなイメージをもたれますでしょうか?
日本を代表する童謡のひとつ「みかんの花咲く丘」のフレーズ♪み~かん~のは~なが~さ~いて~いる~♪を思い浮かべる方も多いのでは?
ところが、実際にはみかんの花にふれたことのある人は少ないのではないでしょうか。

アロマテラピーの世界では「ネロリ(Neroli)」と呼ばれる、バラ(Rose)などと並び希少で高価なアロマオイルがありますが、これは、柑橘(ビターオレンジ=ダイダイ)の花を原料としたオイルで〝天然の精神安定剤〟として不安、緊張をほぐし、気持ちを落ち着ける効果があるといわれています。みかん開花時期にはこのネロリの香りにみかん農園一帯が包まれて、とても幸せな気分な時間を過ごすことができます。

スケジュール

▶︎9時40分〜9時52分:コミニティバス岩行き(山まわり)乗車/石名坂バス停下車
※バスを降りたら停留所にスタッフがおりますので、農園までご案内いたします。
※お車の方は直接松本農園へお越しください。

▶︎10時15分:イベントスタート
農園園主のお父さん「松本さん」が相模湾、三浦、房総、大島、初島まで見渡せる広大な園内を案内してくださいます。
園内マップはコチラ(松本農園公式サイト)


▶︎11時50分:昼食
季節の食材を使ったお弁当をいただきます。

▶︎12時30分:ワークショップ/チンキ&エッセンシャルオイルつくり
・チンキつくり
ネロリの香りに包まれながら、みかんの花などをアルコール漬けにして有効成分を抽出するチンキ剤(ティンクチャ―)を作成します。入浴剤、手作りローション、紅茶に入れるなど用途はさまざま。当日は、農園園主のお父さんが園内を案内してくれて春の山野草に触れることもできます。伊豆地方では古くから日焼けや虫刺され、傷、胃もたれなどの万能薬といわれてきたへビイチゴのチンキをついでにつくるなんてこともできるかも…。

・エッセンシャルオイルつくり
農園で収穫した果実を抽出した7種類(青みかん、レモン、ゴールデンオレンジ、ライム、ハナユズ、甘夏、湘南ゴールド)のエッセンシャルをオイルを使用して自らブレンドした柑橘系のオリジナルオードトワレの作成にも挑戦してみましょう。花もさることながら、これだけの地産の柑橘エッセンシャルオイルを香る体験はめったにできないはず!

▶︎14時45分:イベント終了/松本農園出発
※お車の方は現地解散となります。

▶︎15時2分〜15時18分コミニティバス真鶴駅行き(山まわり)乗車/真鶴駅下車

開催日時:4月26日(金)10時15分〜14時45分
雨天の場合:4月30日(火)へ変更 ※前日の15時までに連絡
参加料金:4600円(お弁当込み)
※バスの方は別途:400円/往復
会場:松本農園
定員:10名
備考:お車でお越しの方は、10時10分までに松本農園にお越しください
※駐車場は松本農園にございます
お申し込みについて:真鶴町観光協会 (営業時間:10時~15時)
※下記問い合わせフォーム、電話、または直接観光協会までお越しください
※電話番号:0465-68-2543
※交通手段を申し込み時にお伝えください