如来寺跡(にょらいじあと)

如来寺跡(にょらいじあと)

帰命山如来寺は1620年に建てられ、本尊は石仏の阿弥陀如来であったと言われています。古い境内には石窟があり、中には石造りの十王像や菩薩坐像(聖観音像)、地蔵菩薩立像などが安置されており。地獄から天国を表しています。